笑いある人生 三遊亭円楽さんより

今日はちょっと一息。。。


数年前に、三遊亭円楽さんの講演会に出席しました。
とても素敵な講演でしたので、ご紹介です。


OSK201111170036.jpg



『笑い』と一言に言っても様々な『笑い』が存在している。

人間が初めて笑うのは、生まれてきて初めて母親の顔を認知した時。
赤ちゃんの笑顔は 『 純粋な笑顔 』 。とても無防備で心に響くから相手も必ず笑顔になる。

人間、知恵が付いてくると 『 苦笑い 』 『 愛想笑い 』 …様々な笑いを覚えてくる。



諸外国からみた日本人の印象は、『勤勉』『率直』『まじめ』とても良い印象。
しかし、その裏には『主張しない』『能面』『曖昧』との意見もある。


日本人は『まじめ』であるが故に、様々なことに怒りながら生きている。

しかし、どの程度で怒るのかは人其々だ。それはなぜだろうか?

それは相手が自分をイラつかせているわけではないからだ。ストレスだと感じるか否かは自分次第。

何事も諦めが肝心。諦めてしまえば怒る気もしない、気持ちを切り替えて楽しい人生を送ることができる。どうしても許せないことでも、気持ちを切り替えてみよう。何か変わるかもしれない。


全ての人に共通するストレスは『大切な人の死』

私達はストレスに押しつぶされそうな時間を、葬儀の準備などで慌ただしく過ごしている。ストレスに向かい合う時間を減らしているのだ。
そして三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌…徐々にspanが長くなっていることにお気づきだろうか?
ストレスを思い返す時間を少しずつ減らしていく。これは日本人が考えた知恵。


日本人は器用だ。資源を輸入し、それを加工する国であるからこその器用さがある。
中国から漢字を輸入し、オリジナルの漢字、更にはひらがな、カタカナまでもを作り、そのすべてを自在に操れる。こんな器用なことが出来るのは日本人だけだ。
しかし、それゆえに、日本人は感情までも器用に操作してしまう。感情を決して表に出さず、相手とのコミュニケーションのとり方は下手だ。器用であるが故の不器用である。


脳の一部、間脳は自律神経、免疫、情緒に主に関与する。
間脳をトレーニングするには私達が唯一コントロールすることができる情緒を変化させよう。



『笑う』ということは脳科学的にみてもよいことであると証明されている。
笑うとエンドルフィンが分泌されて、幸せな気分になれる。薬物なんかに頼らなくても、人間は笑うことで幸せになれる物質を体内で作り出せるのです。


長生きすることはいいことだ。

しかし、ただ長く生きる『長命』ではダメ。
楽しく生きる『長寿』を目指さなければいけない。

長寿の秘訣はユーモア

世界一の長寿でギネス記録に登録された日本人の男性。取材に行った女性記者が、女性のタイプを尋ねると『ワシは年上の女がいいなぁ。』(※この男性より長く生きている人は存在しません!!笑)
話題になった金さん銀さんは、TVなどで活躍されていましたが、貰ったお小遣い(ギャラ)の使い道を尋ねられると『老後への貯金!』と答えられたそう。笑


老化といえば物忘れ。今や認知症という用語は広く知れ渡っているが、認知症にはいくつか種類がある。
有名なのはアルツハイマー型認知症。これに関しては今はまだ治療法は確立されていない。
最近増えつつあるのは『廃用性認知症』。その名の通り脳を使ってないが故に忘れっぽくなる。
私達はPC社会になれている。字を書かず、文章が自動的に作成されるなど、脳を使うことが減ってきている。

生物の中で人間に唯一出来ることは考えること。頭の中で『思う』だけでなく書き表して『考える』ことが脳の活性化には非常に効果的。


老化防止には『気』『力』『欲』/『和』が大切。

『気』を無くせばどんどん老いていく。病気をした時、医師によって治療できるのは病気の30%、残りの70%を治療するのは本人自信だ、と殆どの医者が言う。気が滅入ってしまった病人と、気力に満ちた病人で回復が認められるのは圧倒的に気力に満ちた病人だ。老いも同様。老いに対して気を無くしていくと、どんどん老いは進む。

『力』。能力、脳力、気力、体力、経済力、権力、包容力…様々な『力』を書きだしてみよう。家庭力、女子力…造語でもいい。そして自分に足りない『力』を認識しよう。

『欲』も人生には大切なものだ。強欲はいけない。『良く』と考えよう。

『和』とは『言葉』のこと。年をとるとよく物の名前が思いだせなくなる。そうならないように言葉をたくさん使おう。『言葉を考えて書く』、短歌や川柳に取り組むことはすごくいいことなんじゃないかな。


最後に、
病気などで絶望するようなことがあっても、落ち込まないこと。
いつでもプラス思考で、笑いのある人生を。



円楽さん、ありがとうございましたmoblog_a8ac0fe4.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts