とても大切なこと、忘れていませんか?

NICUを卒業し、退院してからのお話し。



退院後、まずは訪問看護師が訪問を行います。

子どもの命を守るため、在宅の環境を整えるお手伝いをしています。


ご両親は、病院で医療ケアを学んでいます。

院内で何度も手技を練習していますが、まだまだ不安です。


訪問看護師は、そんなご両親のサポートをしています。

安全に、不安なく医療ケアを行えるよう、お手伝いをしています。




リハビリ訪問は、医師の指示があれば、看護師の初回訪問後、数日~数週間後に開始されます。

リハビリ訪問すると、ご両親はかたい表情をしています。




ずいぶん疲れています。かなり不安そうです。




口には出されませんが、

やっと、この子の命を繋ぐ方法(医療ケア)を覚えたばかり。今度は何をするの?

そんな風に思っているんじゃないかなぁ…と感じています。





私のリハビリは…


『カワイイ~moblog_febce163.gif
『目が大きい!クリッとしてるmoblog_4e018723.gif
『まつ毛が長いmoblog_7b1c50f4.gif羨ましい~moblog_5eb212d2.gif
『手がちっちゃいmoblog_3fb6c8af.gif可愛すぎるmoblog_c541c141.gif



こんな感じで、はじまります。笑



策略ではなくて、本当にカワイイからmoblog_6f93aef4.gifそうなってしまうだけなのですが、ご両親は『えっ?』と一瞬驚いた顔をされます。間もなく、笑顔で頷き、共感してくれますmoblog_07606151.gif








本来、子どものことを『カワイイmoblog_b36e5c76.gif』と思うことは、特に親にとっては、当たり前の筈なんです。



けれど、命の危機があるから不安の方が強くて、

たくさんのチューブやコードに繋がれているから可哀想の方が強くて、

医療ケアや介護に追われているご両親にとって

子どもを『カワイイmoblog_b36e5c76.gif』と思うことは、当たり前では無かったのです。







次回は、子育てを楽しむ支援について書いてみたいと思いますmoblog_40ed2822.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts