学校で呼吸器の管理をしていますか?

第3回重症児デイサービス全国大会in九州



「学校が看護師を雇い、呼吸器を使用しているお子さんが通えるようになってきている」と島津智之さん。

一方で、県によっては学校内に勤務する看護師の呼吸器管理を認めていない。
そのため保護者が毎日学校へ付き添い、別室で待機している現状です。




地域の学校だけでなく、医療ケアを必要とする多くの子ども達が通う支援学校でも課題はあります。


・呼吸器の付け外しは認められていないので、呼吸器を外して吸引を行う必要のある人の吸引はできない。

・調子がよいときは呼吸器を外して過ごせるお子さん。学校生活中に状態が悪くなった場合、学校職員が呼吸器を取り付けることはできないので、常に保護者が待機する必要がある。保護者の待機が難しいのであれば、常に呼吸器を付けておくしかない。



せめて医療従事者である看護師には呼吸器管理を行う権限を認めてほしい…切実な願いです。







読者の皆さまのご意見をお聞かせください。

呼吸器管理に関する課題に限らず、学校で○○なところがもどかしい。○○できたらいいのに。という満足していない(改善したい)事柄を教えてください。愚痴でも構いません。

皆で発信して、現状を変えていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts