意外に知られていない…コップとストロー、どっちが先?

意外に知られていない『飲む機能獲得』の順番。

コップ使用 と ストロー使用  は、どちらが先かご存知ですか?




moblog_c7cf1768.gif



1210_rkcup01.jpg  の赤ん坊の漫画のカップストローアニマル動物園350mlスキップするための子供たちの水のボトル飲料カップボルサtermica非bpa-無料ボトル7スタイル




正解は コップ 


コップで飲むときには、

唇をすぼめる程度を調整したり、
吸う程度を調整したり、
口に含む量を調整します。

ストローと違い、コップを傾けることで、口に入る水分の量や速さを調整できるので、大人がお手伝いできますね。
『唇のすぼめ方』と『吸う力』の関係を確認しながら、自分の身体の動きや役割を学習することができます。
口に含む量が多すぎるとムセたり、口角から溢れ出ます。少しの失敗を体験して、自分で調整できるようにアシストしましょう!




ストローは口唇をギュッとすぼめて、ストローで力いっぱい吸い込みます。力作業ですね。
微調整の必要がないから簡単。逆に言うと、調整する経験ができないということ。
しかも、『唇をすぼめること』と『吸い込むこと』の2つの動作を同時に行わないと成功体験を得られません。
今はひっくり返してもこぼれないストロータイプの容器が流行していますが、
41I-eQqC2pL.jpg
これを使うのは、コップを使って一人で飲めるようになってからにしましょう。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts