リハビリ~どこを治療するの?~【感覚編】聴覚

人と会話をするときは、日常生活に潜む様々な音(テレビの音、時計の針が動く音、雨風の音、車が走る音…)の中から聞きたい音(今から会話をする人の声)のみに注目する必要があります。また、音を聞き分けるだけでなく、聞きたい音以外の音をシャットアウトする必要があります。

このシャットアウトが苦手だと、たくさんの音が常に耳に飛び込んでくるので、相手の言っていることが『聞こえるけど、わからない』ということが起こります。


耳はと同様、見えているからOK、聞こえているからOKというものではないのです。





必要な刺激を“選択”“制限”し、その刺激に“注意”を“持続的に”向けることが出来ていることがとても大切です。







我が子は感覚刺激を適切に処理できているでしょうか?
気になる!という方は JSImini or JSI-R でチェックしてみましょうmoblog_73d39ac2.gif

ご質問・ご相談、お気軽にどうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts