リハビリ~どこを治療するの?~【身体編】骨

前回は筋の治療について、ご紹介しました。


筋の治療後、時間が経つと筋緊張が元に戻ってきてしまう場合
筋緊張異常の原因は筋肉ではない可能性が高いです。



今日ご紹介するのは、〖 骨 〗の治療。



治療内容は主にアライメントの調整です。
(骨の位置を解剖学的に正しい骨の位置に整えること、捻じれやズレを修正すること)


上肢(手)、下肢(足)、体幹(体)を調整していく場合が多いです。
殆どのセラピストは、上下肢の治療に、とても丁寧です。

“ PTは下肢 / OTは上肢 ”
(成人疾患を扱う病院では、“上記↑”のように、専門性分野を分けて治療を行っているところがあるようです。)




西洋医学の中でも東洋医学の影響を強く受けているカイロプラクティックという手技では、
上下肢よりも中枢(体幹)に重きを置いています。


身体は『骨盤という土台』と 『脊柱という柱』で支えられていると考えれば、体幹の重要性は明らかですよねmoblog_73d39ac2.gif




カイロプラクティックでは、仙腸関節(骨盤)の可動性や椎骨1つ1つの歪み(身体の歪みの原因)など、とても細かな矯正を丁寧に行い、アライメントの崩れによる神経の圧迫や筋膜の伸張などの身体の不調に影響を与える原因を治療します。


【骨治療のまとめ】

身体の基盤は、骨盤と脊柱(体幹)。
基盤の治療は全身に影響を与えるので、丁寧に評価と治療を行っています♪
上下肢の治療は体幹や全身状態との相互関係を見ながら行うことで、治療効果が高まりますmoblog_ebb949ca.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts