お子様が発達障害だと言われたら・・・

「発達障害」の告知。

告知を受けたご家族に、あなたはどのように声をかけますか?




障害をもつということは、本人(お子様)にもご家族にも、必ず何かしらの影響を与えます。

辛いことも多いと思います。




でも、 『 必ずしも 苦労 や 苦痛 ばかりではない』 
ということを、覚えていてください。





障害をもって生まれた、或いは後天的に障害をもった子ども達も、

障害をもたない子どもたちと同様に学び、成長する権利を持っています。





ただ、何の準備もなく 「他の子どもたちと同じようにやりなさい」 と言っても、難しい場合があります。

それが 『障害をもつ』 ということなのだと思います。




では、どうすればいいのか?




その解決策を見つけるために、私はこのブログを開設しました。

みなさまのお力を貸してください。

勿論、私からも、これまでの経験から導き出した最良の考えを提供させて頂きます。



大切なお子様のために、何をすべきか。できることは何か。

一緒に考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts