コウノドリ 第9話

サクラ先生が言ってくれましたね!たくさんのチューブに繋がれているのは“かわいそうな姿”ではなく“頑張っている姿”だと✨もっともっと見てあげてください触れてあげてください声をかけてあげてください愛してあげてくださいもっともっと…💓...

診断の意義。~診断名に惑わされないために~

狭義の発達障害(『自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害(PDD)、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの』 )は、脳機能の障害でありながら、MRI等の脳の検査を行って診断することは殆どありません。自閉症のチェックリスト注意欠陥多動性障害のチェックリスト・・・日々のお子様の様子が、各々の疾患で見られやすい 『 症...

インターネット上の情報を正しく利用する為に。

我が子に診断名がついたら、ついインターネットで検索してしまいますよね?今は専門書を購入しなくても、手軽に多くの情報を入手できる社会です。ネット上に病気や障害についての情報を載せている方々は、きっと 『 悩み、困っている人の力になりたい! 』 という思いが強いのだと思います。私自身もその一人です。ですから、そこにはきっと嘘や悪い情報は無いと信じています。ネット上の情報を見る上で注意して頂きたいことは...

『障害児』ではなく、『 障害をもった子ども 』なんだ!

『 People - first  language 』 をご存知ですか?日本では障害をもった子ども達のことを、下記ように表現しますね。「脳性麻痺の子ども」これを英訳するとHe(She) is cerebral palsy. 彼(彼女)は脳性麻痺だ。He(She) = cerebral palsy となっていることにお気付きでしょうか?正しい英語での表現は↓です。He(She) has cerebral palsy. 彼(彼女)は脳性麻痺をもっている。因みに、英語では、金色の髪色の人を表すと...

お子様が発達障害だと言われたら・・・

「発達障害」の告知。告知を受けたご家族に、あなたはどのように声をかけますか?障害をもつということは、本人(お子様)にもご家族にも、必ず何かしらの影響を与えます。辛いことも多いと思います。でも、『必ずしも苦労や苦痛ばかりではない』ということを、覚えていてください。障害をもって生まれた、或いは後天的に障害をもった子ども達も、障害をもたない子どもたちと同様に学び、成長する権利を持っています。ただ、何の準...