AACを活用するために

AACとはAugmentative and Alternative Communicationの略。拡大代替コミュニケーションと訳される。コミュニケーション能力に障害のある人が、本人の残存能力(言語・非言語問わず)とテクノロジーの活用によって、自分の意思を相手に伝えること。・ノンテク(表情、サイン、身振り手振りなど)・ローテク(文字盤、絵カードなど)・ハイテク(VOCAなど) 第3回重症児デイサービス全国大会in九州講師、下川和洋氏より。AAC導入には...

Action×Reaction~意思決定支援~

第3回重症児デイサービス全国大会in九州意思決定支援に関して下川和洋さんよりご講義いただきました。意思決定支援を行うにあたって踏まえておくべき3つの要素それは…...

言葉を話す?指で差す?【伝え方】【伝える方法】教えます☆

私たちは、色々なことを見聞き(情報を入力)し、頭の中で整理(処理)してから、自分の考えや答えを表現(出力)します。今回のテーマは出力!出力方法は3つ。①動作指差しやジェスチャーのことです。ダンスやパントマイムは良い例ですね!②操作鉛筆やハサミやのり・・・様々な道具を用います。絵画やグラフィックアート、建築、木工や陶芸などの物作りがココに含まれます。③言語音声言語だけでなく、文字盤を用いたコミュニケー...

愛おしい子ども達! ~アタッチメントとは?~

アタッチメントという言葉を御存じですか?アタッチメントとは、 『 愛着 』 を示す言葉です。赤ちゃんに笑顔を見せると笑顔を返してくれる。お母さんに向かって声を出し、手を伸ばしてくれる。これが、アタッチメントです。障害を持って生まれた子どもたちは、目が合いにくかったり、笑顔が作れなかったり、目的の方向に手を伸ばすことができないなど、アタッチメントの成立が困難な場合が多くあります。その為、母親は子ども...