側彎予防!~関節運動を維持するために~

本日は脊柱(背骨)の動きを維持するための方法をお伝えしたいと思います。脊柱は、7個の頸椎(頸の骨)・12個の胸椎(背骨)・5個の腰椎(腰の骨)で構成されています。その下には5個の仙椎と尾骨があり、骨盤を構成しています。頸椎・胸椎・腰椎・仙椎の29個の椎骨は、通常1個1個がバラバラに動くことが出来ます。動きの癖(パターン化)があると、この骨の動きが悪くなることがあります。椎骨の動きの悪さは、1箇所だけのこともあれば数...

リハビリ~どこを治療するの?~【身体編】皮膚

前回は骨の治療について、ご紹介しました。今回は 〖 皮膚 〗 の治療です。皮膚の治療と言っても、医師や看護師が行う皮膚トラブルの処置のことではありません。皮膚運動学という用語をご存じでしょうか?皮膚運動学は皮膚運動を改善して、関節運動を拡大する手法です。皮膚運動学は“皮膚運動に制限がある方”が対象ですが・・・制限の原因を評価することが難しいと感じている新人セラピストさん!!この手技は相手にかかるストレス...

リハビリ~どこを治療するの?~【身体編】骨

前回は筋の治療について、ご紹介しました。筋の治療後、時間が経つと筋緊張が元に戻ってきてしまう場合筋緊張異常の原因は筋肉ではない可能性が高いです。今日ご紹介するのは、〖 骨 〗の治療。治療内容は主にアライメントの調整です。(骨の位置を解剖学的に正しい骨の位置に整えること、捻じれやズレを修正すること)上肢(手)、下肢(足)、体幹(体)を調整していく場合が多いです。殆どのセラピストは、上下肢の治療に、とても丁寧で...

リハビリ~どこを治療するの?~【身体編】筋

PT(理学療法士)やOT(作業療法士)は、学校では手技を殆ど学びません。学ぶことは解剖学、運動学、生理学、病理学・・・医療の基本ですね!手技を学ぶ場合もありますが、学生時代という短期間で習得できるものは微々たるものです。セラピストたちは就職した後に、所属する病院や施設で先輩達から手技を学んだり、様々なセミナーに通って手技を獲得していきます。セラピスト向けに開かれているセミナーの多くは、西洋医学に基づいた...

神経再建リハビリ

今回は川平法のご紹介です。川平法とは鹿児島県発祥の麻痺を改善する促通反復療法(RFE)です。要は『目的とする自動運動を誘発し、更に運動を繰り返すことで、選択的に神経路を再建・強化する』手法のようです。他動運動を否定するものではありませんが、川平法は自動運動によるニューロンの再構築に着目しています。まだ、研究段階ではあるようですが、脳科学に基づいており、エビデンスは高いと思われます。また、川平法はRFE単独...
    ★☆★オススメのベビー・子ども用品★☆★