AACを活用するために

AACとはAugmentative and Alternative Communicationの略。拡大代替コミュニケーションと訳される。コミュニケーション能力に障害のある人が、本人の残存能力(言語・非言語問わず)とテクノロジーの活用によって、自分の意思を相手に伝えること。・ノンテク(表情、サイン、身振り手振りなど)・ローテク(文字盤、絵カードなど)・ハイテク(VOCAなど) 第3回重症児デイサービス全国大会in九州講師、下川和洋氏より。AAC導入には...

ホーキング博士が利用する音声ソフト

「ホーキング博士が利用する音声ソフト」が無料で利用可能に! http://t.co/ejAxbXB0BT ←ソフトの紹介記事はコチラ— スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )は イギリスの理論物理学者 ★ SwiftKey の Giving back を お試し ★インテルは12月2日(米国時間)、スティーヴン・ホーキング博士専用につくられた新しい意思伝達システムを発表した。このシステムはオープンソースであ...

Don Don IKKO!!

簡易スイッチで操作できる電動移動遊具!付属のスイッチ以外にも様々な簡易スイッチを取り付け可能です電動車いす導入に向けたスイッチ操作の練習に利用できます!動くことが難しいお子さんに自分で出来る体験を!自発運動を引き出すことができます!これから移動する方向(操作)を考えることで脳が活性化!言語発達を促す効果も期待できるみたいです♪一人で移動できない子どもたちに自分で動ける経験と自信を与えてあげましょう...

体位変換≠ポジショニング

今回は、ポジショニングの方法をお伝えしたいと思います。変形や拘縮の原因は、筋緊張や麻痺だけではありません。重力の影響を受けて、身体が曲がったり、捻れているケースは非常に多いです。しかし、重力を取り除くことは不可能…そこで、重力を味方につけたポジショニングを提案している PT 伊藤亮子さん のポジショニング研修会に参加してきました。【体位変換】changing positionベッド・椅子などの支持体と接触している為に...

側彎の予防と改善~ポジショニングしよう!~

重度の身体障害があると自分で身体を色々な方向に動かすことは難しいですよね。側彎を予防するには様々な方向に身体を動かして柔軟性を維持することが大切ということは、これまでの記事でお伝えしましたので、ここでは省略します。今日のテーマはポジショニングポジショニングと言うと良い姿勢で固めるという考え方が強いようですが、ここでは、『良姿勢に始まり、良姿勢に戻れる』をポジショニングとします!!本人の限られた動き...
    ★☆★オススメのベビー・子ども用品★☆★