かなしいかな、人の死亡率は100%

先週の続きです。…だって、ずっと薬を飲み続けなくちゃいけないって医者が言うんです。じゃあ、ずっと飲むの?ずっと・・・かなぁ。90歳過ぎて、もうすぐ死ぬかもってなった時でも飲むの?いや、飲みませんね。何歳までなら飲もうと思う?80歳…くらいかなぁ。じゃあ、ずっとじゃないね。!!?...

一生その薬を飲み続けますか?

第2回国際統合リハビリテーション学術集会川嶋 朗 さん(東京有明医療大学保健医療学部 鍼灸学科教授 特定非営利活動法人統合医療塾塾頭・理事長)自分の人生を決めるのは、自分自身であるべきである。現代日本では人生を医者に預け過ぎている。治療の選択肢を提案し、患者が選択した治療手段を提供することが本来の医師の仕事だ。しかし、現状はどうだろう。医師が治療を選択決定し、患者がそれに従っている。患者は治療方針...

リカバリ―支援に関わる作業療法士

H28年10月29日、30日に東京・浅草で、第2回国際統合リハビリテーション学術集会が行われました。作業療法士と言えば山根寛先生!今回は、作業療法士の役割の一つであるリカバリー支援について、山根先生のお言葉をお借りしてご紹介します。リカバリー支援とは…障害受容支援ご自身の障害を受け止め、新たに生きるための支援を指します。小児の分野では、本人だけでなく、子どもの障害を受容しようとしているご両親(ご家族...

右脳と左脳のはたらき~脳科学者ジルの実体験~

とても興味深い実体験。経験した人にしか分からない。右脳で外的環境を感じる。左脳で身体感覚を認識し、行動を管理する。...

呼吸と運動発達の関係

第3回重症児デイサービス全国大会in九州分科会講師 : 田中 亮 氏 (こぐま学園、理学療法士)新生児に見られるのは、生理的屈曲。手足や背中を曲げて、まる~くなっている状態。これは、胎内で成長した胎児が、狭い胎内で数ヶ月間とっていた姿勢。いきなり広い空間に押し出されて、落ち着かないから身体を安定させるためにとっている姿勢とも言われているけれど、いきなり重力下に置かれるので、重力から身体を守ろうとして...
    ★☆★オススメのベビー・子ども用品★☆★