“自分で食べる”経験がナイ!

生まれながらに重度の障害をもっているお子さんは、自分で食べることを経験していない場合が多いですね。乳幼児期は経管栄養だったけれど、少しずつ経口摂取できるようになった。思うように手を動かすことができないから、大人がスプーンを口へ運んで食事。小学生になり、少し手が使えるようになった。スプーンを手に持たされたけれど、それが何を意味するのかは分からない。ニコリと笑いかけてみるけれど、食べ物は口に入ってこな...

『私は⾃分のハートに忠実に⽣きて⾏くことを誓います』

 ※画像をクリックすると『開運のおまじない―ハートたま』を開くことができます...

幸せだった?

重度障害をもつ子どもたちのリハビリテーションに携わる中で、ぶち当たる壁。大人になるにつれて、出来ることが増え、たくさんのことを楽しい☆と思える生活。そんな将来像をイメージしながら、毎日子どもたちのリハビリを行っています。少しずつだけれど色々なことを経験して、成長していく子どもたち。『今度はこんなことに挑戦したいね!』『これやってみようよ♪』これからの目標、夢・希望に向かって励む毎日。別れは突然やって...

太る原因は○○だった!?

ごはん(米)、麺、パン、イモ類はブドウ糖に変換されます。甘いもの(砂糖、菓子)は5割がブドウ糖、5割が果糖。 果物は10割が果糖。 液状の糖(アルコール、果物ジュース、野菜ジュース)は10割が果糖になります。 ブドウ糖は、血液、肝臓、筋肉に蓄えられ、蓄えきれなかった分のみが中性脂肪に変化します。果糖はダイレクトに中性脂肪に変化します。つまり、減量を目指すのであれば果糖を減らしましょう!!但し、果...